素人エンジニアの日常

サッカー日本代表が世界を驚かせた!後少しでベスト8!!

time 2018/07/03

サッカー日本代表が世界を驚かせた!後少しでベスト8!!

 
サッカーワールドカップ(ロシア)の一次リーグでは、負けなのに「パス回し」の時間稼ぎが批判にさらされました。しかし、ギリギリのところでしのぎを削るのがW杯。いままでの「お人好し」の日本では、生き残ることはできません。戦術として成立する以上は、どんなことをしても、どんな批判にさらされても、一次リーグトップのためであれば、なんでもやればいいと思います。体格的に劣るチームが勝つ、または引き分けるには、狡猾(こうかつ)であるべき。欧米の批判者は、日本がそこまで狡猾になるほど成長したことが悔しいのです。ドイツですら一次リーグを突破できなかったんです。世界のサッカーは確実にレベルが平準化しているのですよ、きっと。欧米と南米だけがW杯の主役じゃない。それを証明したのが、今回の日本代表。

よくよく考えると、イングランドのプレミアムリーグを見ている人はご存知かと思いますが、

ルカク
アザール
デブライネ
フェライニ

といった超一流選手の集合体である、ベルギー。日本でいうと本田選手もしくはそれ以上の選手が何人もいる黄金チームですよね。前半を0対0で折り返しただけでも、日本にとってはすごいことなのに、後半いきなり、原口・乾のビューディフルゴールで2点を取ってしまうところがすごすぎる。日本の場合、セットプレーからの得点シーンが多いが、今回の2点はいずれも、あざやかなパスの後のゴール。


にほんブログ村 スマホ・携帯ブログ
旅行なら楽天トラベル

しびれました。あきらかに、ベルギーの選手は焦り、体が重いように感じました。
ここまでは良かった・・・ここまでは。

しかし、あの男が「また」やってくれました。そう、ベスト16に入ったチームで「ワースト」に選ばれたGK川島。彼はおそらく、「一流ではない」んですよね。なんか、吠えているように見えますが、なんのことはない、自分のミスで失点。しかも凡ミス・・・。ベルギーに入れられた1点もそう。相手のバックが大きくヘディングし折り返そうとしたのが、そのままゴールに・・・。川島のレベルの低さを改めて実感。よく、高校サッカーで見るような、怠慢プレー。目の肥えた欧米記者から酷評されるのもわかります。日本人ですら、「ダメだこいつ」と思わせるのですから。

ま、考え方を変えると、このヘボ・キーパーにして、吉田麻也や酒井、長友といったDF人が相手チームを抑えているんですから、いかにこの3人がすごいかを証明しているようなものですね。

sponsored link

プロフィール

管理人

管理人

主にケータイとネットワークに関連したことを書いています。知識は広く浅くといったところ。たまに脱線しますが、よろしくお願いします。



sponsored link

カテゴリー

アーカイブ

Ninja Tools